<ダンス情報> 
独断と偏見で掲載しています。行って時間の無駄をしたと思ったら意見を述べてください。
良かったら拍手をお願いいたします。​それがダンス状況を良くする事につながります。
詳細は、各主催のWebまでお問い合わせください。
コロナの影響で苦労する方々、団体への支援、補助金などの申請情報も併せて掲載します。
  -----------------------------------
⭕️武藤大祐 ツイッターTwitter より

武藤大祐

@muto_daisuke

·

Jun 21

オンラインの舞踊概論(教養)第3回、6/27(土)20:00-21:30にやります(講義60分+Q&A30分)。GoogleアカウントからClassroomへ入ってクラスコード「pjaytib」で登録するとMeet(ビデオ会議)へのリンクを見れます(19:45にご案内します)。テーマは「振付」(2)です。

​-------
一つの試みとして、Googleクラスルームでオンライン舞踊講義を開講してみます(無料)。人数が集まったらやります。ご興味ある方は、カッコ内のクラスコードで登録してください。 ・舞踊概論(教養)(viwdkea) ・芸術舞踊史(教養)(z3php34) ・振付論(zjijtet) ・近現代アジア舞踊史(2omzwsg)
​*すでに埋まっている講座もありますので、武藤大祐 ツイッターTwitterにて、確認をしてください。6/9

-----------------------------

 

⭕️弁護士の福井健策氏のツイッタより

芸術家への支援の内閣府ホームページを貼り付けます。順次、更新されるとのことですので、問い合わせしてみてください。

リンク先 内閣府 https://www.cao.go.jp/cool_japan/corona/corona.html

 

緊急事態舞台芸術ネットワーク(JPASN)

@j_p_a_s_n

·Jun 23   7月5日勉強会を開きます (JPASN 6/30)

第2次補正予算「文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ(文化庁)」の、

1.標準的な取組を行うフリーランス等向け、

2.より積極的な取組を行うフリーランス等向け、 

3.小規模団体向け 

の概要が発表されました。 詳細は文化庁ホームページをご覧ください。 https://bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/sonota_oshirase/pdf/202006231400_02.pdf

 
⭕️ 第14回「シアターΧ 国際舞台芸術祭 IDTF2020」
 The14th Interntionl Dance+Theater Festival2020 
         2020年6月13日(土)~7月12日(日) 開催
メイン・テーマ『蟲愛(め)づる姫 と BIOhistory(生命誌)』
    http://www.theaterx.jp/20/200613-200712p.php


7月2日(木) 19:00
 ◆四方田犬彦(朗読)『“離火”を朗読する』
 ◆アートマイム塾(マイム)『脈』
 ◆アベレイ(パフォーマンス)『隣の迷宮』

4日(土) 14:30
 ◆Dance Monster(ダンス)『絵本“どこかにある誰も知らない小さな国のお話”』
 ◆山田いづみ(ダンス)『ケラ鳴く道のいろは歌』
 ◆小谷ちず子(ダンス)『わたく史』

5日(日) 14:30
 ◆Y&R(堀ゆかり、別所るみ子)(ダンス)『水・光・身体』
 ◆足立七瀬(ダンス)『選んで、いる。』
 ◆演劇ユニット夢桟敷(演劇)『Question…いのち愛づる姫から』

7日(火) 19:00
 ◆望月太左衛社中 剱伎衆かむゐ&剱伎道(パフォーマンス)
  『和楽器が彩る剱伎・侍魂“未来へ~Samurai still exist”』
 ◆宇佐美雅司(演劇)『Listen to the He:art ~愛でてェな~』
 ◆こかげ舎(演劇)『いまはむかし』

9日(木) 19:00
 ◆手柴孝子(ダンス)『想』
 ◆Danza MIKA(ダンス)『Latin FANIA』
 ◆長谷川康志(朗読)『朗誦“胎内にみる四億年前の世界”』

11日(土) 14:30
 ◆江原朋子(ダンス)『ムシ to be continued』
 ◆劇舎カナリア(演劇)『ムシムシメヅルシ ―Bye o! Hi story―』
 ◆藤田佳代舞踊研究所(ダンス)『この子が無事に帰るまで』

12日(日) 14:30
 ◆クロージング・ガラ
  シアターX IDTFの中核で芸術創造活動を推進してくださった
  4人のアーティストに捧げる4作品。

  〈故・及川廣信氏へ〉 武井よしみち+ブルーボウルカンパニー'96
             『足が耕す表現の世界“災害の国ニッポン”』
  〈故・大野慶人師へ〉 むつみねいろ『夢で会いましょう』
  〈故・折田克子先生へ〉松永茂子『無垢なる空想』
  〈故・遠藤啄郎氏へ〉 ケイタケイ『LIGTH Part 50“やぶれ凧”』

9月下旬 ★海外アーティストはコロナ封鎖のため“飛び石参加”です。
  ◆スーエン(スウェーデン)
  ◆クリスティーナ・カプリオーリ(スウェーデン)
  ◆ヘレーナ・フランゼン(スウェーデン)
  ◆ヴィルピ・パハキネン(スウェーデン)
  ◆ジョスリーヌ・モンプティ(カナダ)
  ◆ニナ・ディプラ(フランス)
  ◆ミシェル・ジェニー(インドネシア)

 ☆内容は変更となる場合があります。表記は上演順ではありません。
 詳細はホームページ www.theaterx.jp をご覧ください。
 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ⭕️ 横浜ダンスコレクション2021 コンペティション 振付家募集 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
世界的な振付コンクールの日本プラットフォームとして1996年にはじまったコンペティションには、他者と社会に向き合い、身体と表現に向き合う振付家400組以上がファイナリストとして参加し、国内外で多彩な活動を繰り広げています。
このコンペティションは、振付家やダンサー等が構成、演出、技術のみならず新たな表現の可能性に挑む場であり、また創造性に基づく対話・交流のプラットフォームでもあります。振付は身体と社会のつながりを探求して人間を見つめ直す実践と言うことができますが、日々変容する同時代にあるつくり手の連帯や、地域や国内外のダンスコミュニティとの結びつきは今後益々重要になります。創造の新たな地平を切り拓く開催となることを願い、26回目の「横浜ダンスコレクション」へご応募をお待ちしています。

◎応募資格
[コンペティションI]
・振付家として公演実績があること (応募者の単独公演でなくても可)
[コンペティションII 新人振付家部門] 
・振付家経験不問
・日本在住の25歳以下(1995年4月2日以降に出生した人)

◎スケジュール
募集・申込
募集締切:2020年7月27日(月) 
※WEBからご応募いただけます。郵送・持込はお受けできませんのでご注意ください。

書類・映像による選考
選考結果については、2020年9月下旬にメールにてお知らせします。

上演審査
[コンペティションI]
2021年2月6日(土)~7日(日)会場:横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール
 
[コンペティションII 新人振付家部門]
2021年2月4日(木)~5日(金)会場:横浜にぎわい座 のげシャーレ
 
賞の発表
2021年2月7日(日)表彰式にて発表、各賞を授与します。
◎応募方法
※今回よりWEBのみでの受付になりますのでご注意ください。
横浜ダンスコレクションのウェブサイト・応募フォームに、必要事項をご記入ください。
提出資料のデータアップロードにはDropboxを利用します。
詳細はこちら↓
http://yokohama-dance-collection.jp/

 

 

⭕️<芸団協より お知らせ>

>-----【耳ヨリ】-------------------------------- >

●文化芸術推進フォーラムが提言 >芸団協も構成団体のひとつである「文化芸術推進フォーラム」。超党派の国会 議員で構成される文化芸術振興議員連盟と連携しながら、文化芸術の振興のための政策提言などの活動を行っています。 文化芸術推進フォーラムでは、6月18日に開催された文化芸術振興議員連盟 「総会」において、「新型コロナウイルスによる文化芸術の停滞からの復興、そして力強い創造の活力、文化芸術立国を牽引する文化芸術省の創設へ」を提言しました。 提言の全文は、以下のウェブサイトからご覧いただけます。

http://ac-forum.jp/2020/06/18/2619/ 

 

⭕️「アートにエールを!東京プロジェクト(ステージ型)」募集要項が発表 

東京都が、プロのアーティストやスタッフ等を対象とする同名の芸術文化活動支援事業に続き、都内を本拠地として芸術活動を行う団体を対象に、劇場・ホール等を利用して無観客や入場制限により開催する公演等の作品企画を募集する「ステージ型」募集要項を発表しました。

概要・募集要項・応募規約等は以下のサイトからご覧ください。

https://cfa-stage.jp/guideline/index.html#guideline_flow

【応募受付期間】2020年6月29日(月)~7月10日(金) 【募集件数】300件 

 

⭕️「新宿区文化芸術復興支援事業」の募集要項が発表 

新型コロナウイルスの影響下にある新宿区内のライブハウスや劇場等が行う映像撮影・配信にかかる費用を補助する「新宿区文化芸術復興支援事業」の募集要項が発表されました。区内の文化芸術施設の支援とともに、アーティスト等へのパフォーマンス発信機会を提供するねらいです。 概要・募集要項等・問い合わせ先等は、以下のサイトからご覧ください。

【申請受付期間】2020年7月6日(月)~9月30日(水)17時まで

※予算の上限に達した時点で受付終了 http://www.city.shinjuku.lg.jp/kanko/bunka_shien.html  

 

公益社団法人日本芸能実演家団体協議会[芸団協]

 

⭕️ 2021年度 文化庁「新進芸術家海外研修制度(長期研修)」の募集開始 

芸術家等を対象に、海外の芸術団体や劇場等での実践的な研修を行う機会を提 供する制度(長期研修)の募集が開始しました。研修開始日は、原則として令 和3(2021)年9月1日~令和4(2022)年3月31日の間に日本を出発する 日とし、日本到着日が終了日となります。

芸団協も、応募書類提出先のひとつになっています。

ご希望の方は、必ず事前にお電話でご相談ください。 

【問合せ】芸団協・実演芸術振興部 03-5909-3060 平日10:00~18:00 

なお、募集に関する詳細は、下記サイトより募集案内をご確認ください。 

【応募締切】2020年8月3日(月)消印有効

 http://www.zaikenbunka.go.jp/wp-content/uploads/2020/06/r3chouki.pdf 

 
*参考までに:応募推薦団体はいろいろあります。
 ----------------------------------------------------------------
 
<仲間リンク>
足立智美(音楽)さんからの メール
9月にクセナキスの電子音楽、ペルセポリスの日本初演の照明演出を秋吉台国際芸術村でおこないます。山の上での野外コンサートですのでなくなることはないはず。

2020年9月5日 17:30
湯浅譲二: ホワイトノイズによるイコン
ルイジ・ノーノ: ラ ファブリカ イルミナータ(照らし出された工場)
ヤニス・クセナキス: ペルセポリス
有馬純寿(サウンド・プロジェクション)、太田真紀(ソプラノ)、足立智美(照明演出)
秋吉台国際芸術村(山口県美祢市秋芳町秋吉50番地)
https://aiav.jp/13357/

写真撮影:加藤英弘 無断転載、加工 厳禁。データは売ることが出来ます。omphalos.dance@gmail.comまで